電気代の高さに頭を抱えている学校が少なくありません。
どの学校でも、学習環境の維持のために多くの電力を消費しており、電気代が高くなる傾向にあるのです。

電力消費が多くなる理由に、エアコンの利用があります。
エアコンはほかの電気機器と比べて電力消費量が多いのですが、夏場や冬場にフル稼働させることが多いので、どうしても電力消費量がほかの月よりも高くなってしまいます。

だからと言ってやみくもにエアコンを切るわけにはいきません。
暑すぎて(寒すぎて)授業にならないでしょう。
そのような中で電子ブレーカーを設置する学校が増えています。

ネオ・コーポレーションが提供している電子ブレーカーを設置したところ、年間200万円程度の電気代削減に成功しています。

ここでは学校で電気料金を削減したいなら電子ブレーカーを導入したほうがいい5つの理由をご紹介します。

学校で電気料金を削減したいなら電子ブレーカーを導入したほうがいい5つの理由

ネオ・コーポレーションの電子ブレーカーを導入する学校が増えています。

電子ブレーカーを導入したほうがいい理由を5つにまとめてみました。

①学校で電気料金が高くなる理由はエアコンにある

電子ブレーカーを活用すると、エアコンを制御することで効率よく電力消費量を下げることができます。

学校では、さまざまな電子機器において電力が活用されています。
その中で最も電力消費の高い電子機器はエアコンです。

もちろん学校の先生や生徒のみなさんは、省エネのために温度設定を一定の温度で守るなど、工夫していることでしょう。

しかしみなさんもご存じの通り、夏の最も暑い日には40度近くにまで気温が上昇します。
風通しの悪い教室でしたら、エアコンなしでは授業にならないでしょう。

また冬場においては、底冷えする日には、エアコンを活用しないことには手が冷えてしまって、文字を書くことすらできないかもしれません。

地域にもよりますが、学校の電気料金は7~9月頃と12~2月頃に電気料金が急激に高くなる傾向にあります。

これだけ見てもエアコンの消費量が高くなることが理解できます。

しかし電子ブレーカーを導入すれば、電子機器によって消費電力を管理することができますので、学習環境を悪化させずに電力消費量を削減することが可能です。

②電子ブレーカーでエアコンを制御しても環境が悪化しない

電子ブレーカーでエアコンを制御しても、完全にエアコンを停止している訳ではありませんから、学習環境を悪化させることはありません。

電子ブレーカーを導入すると、高性能な電子機器によって電力消費を管理することができます。

電力消費量が高くなってしまうような場合には、一時的にエアコンの室外機を制御させることができます。

エアコンの室外機のみを制御させており、室内機は作られた快適な空気を送風していますので、直ちに学習環境が悪化することはありません。

制御するといっても、その時間はわずか数分から10分程度。学習環境が悪化する前に、またエアコンを元通りに稼働させることが可能なのです。

③電子ブレーカーを導入すると電気契約を見直すことができる

電子ブレーカーは導入するだけで、電力会社との契約を「負荷設備契約」から「主開閉器契約」に変更でき、基本料金を翌月から下げることができます。

学校では基本的な電力契約として「負荷設備契約」になっています。

これは過去一年の電力消費量から基本料金が決められる契約のことで、もっとも高い月を基準にするといった特徴があります。

つまりエアコンの稼働によって一時的に電力消費量が高くなれば、その消費量を基準として基本料金が決められてしまいます。
それ以降、省エネに努めたとしても無駄な電気料金を支払い続けなければなりません。

電子ブレーカーを導入して「主開閉器契約」に変更されれば、電力消費量の目標値が基準となりますので、翌月から基本料金が変更されるのです。

すぐに電気代削減の効果を実感できます。

④学校での電子ブレーカーの導入実績がスゴイ!

導入実績17万台を突破しているというネオ・コーポレーションの電子ブレーカーを導入した学校では、年間で約200万円の電気料金の削減に成功しています。

この学校においては、8月に最も高い電力消費量であることが分かりました。
つまり冒頭からお伝えしている通り、エアコンの稼働によって電気代が高くなっていることが理解できます。

ネオ・コーポレーションの電子ブレーカーを導入したところ、大幅な電力消費量の抑制に繋がりました。

⑤ネオ・コーポレーションの電子ブレーカーなら初期費用が不要

導入実績17万台を突破しているネオ・コーポレーションの電子ブレーカーは、なんと初期費用が必要になりません。

他者の電子ブレーカーの場合、初期費用が高額であるために、電力消費量を削減できたとしても、それほど削減効果を実感できないといったデメリットがあります。

しかしネオ・コーポレーションにおいては、削減された金額の一部から費用を徴収する形を取っています。
そのため電気料金の削減効果をしっかりと感じることができるのです。

学校に電子ブレーカを導入するならネオ・コーポレーションの電子ブレーカーがおすすめ!
学校で電子ブレーカーを導入するなら、ネオ・コーポレーションの電子ブレーカーがおすすめです。

すでに導入実績は17万台を突破しており、学校だけではなく、多くの企業や工場、施設などで電気料金の削減に繋がっています。

電子ブレーカーは本当に効果があるのかと、気になっている学校や企業も多いでしょう。

しかしこれだけの実績を持っている電子ブレーカーは他には見つけることができません。安心して導入できるのではないでしょうか。