自動車免許の保有率は少しずつ下っていることが分かっていますが、それでもなお高い保有率を示しており、社会の中で車は欠かせない存在となっています。

そんな車社会の中で必要となるものが、全国に2万か所以上あると言われているガソリンスタンド。

電気自動車が増えつつありますが、まだまだガソリンの需要は高いと言えるでしょう。

ガソリンと言えば石油や灯油など、エネルギーを扱う仕事になりますので、省エネや節電といったエネルギー対策には敏感な業種かもしれません。

ただ、電気コストに悩んでいるガソリンスタンドが多いことが分かっています。

ガソリンスタンドでは、電力消費量が意外に多くなっており、しかも夏場や冬場に電力消費量のピークがやってくることがほとんどです。

夏場であればエアコンの電力消費ですし、冬場でもエアコンや日照時間が短くなることによる照明による消費であることが想像できます。

そのため、エアコンの温度設定に取り組み、電球をLEDに変更したり、こまめに消灯するなど、省エネ対策に取り組んでいるガソリンスタンドは少なくありません。

しかし、それでもなお悩みが解決しないガソリンスタンドが多いのです。

ここでは、ガソリンスタンドの電力コスト削減のために、さまざまな情報をお届けしていきます。

電力コストで悩んでいるガソリンスタンドが多い理由

・やみくもにエアコンの温度設定や照明を落とすようなことができない
・利益率が低いためにコスト削減は必須
・低圧電力での「負荷設備契約」

上記でもお伝えした通り、ガソリンスタンドの運営において電力は欠かせないものとなっていますので、電力コストを削減することで営業利益は大きく変わってきます。

ただ、それでもなかなかコスト削減ができなくて困っているガソリンスタンドは少なくありません。

その理由としては上記3つ挙げられます。

ガソリンスタンドにはサービスステーションが設置されており、お客様のトイレの使用はもちろんのこと、ちょっとした休憩やオイル交換などでの待機などで活用されます。

快適に過ごすことができるように工夫されているために、どうしても多くの電力が必要となります。

やみくもにエアコンの温度を調整することも難しいかもしれません。

照明においてもLEDに変更することは可能ですが、こまめな消灯などは難しい側面が多いでしょう。

しかし、それでもコスト削減に取り組まないと、利益率の幅がそれほど大きくないガソリンスタンドにおいては、死活問題となってしまいます。

利益率は1%と言われますから、仮に年間で10万円のコスト削減としても、売上で考えれば1000万円の売上と同程度と考えられるのです。

最後に電力コストが高くなる理由に、電力会社との契約内容によるものが考えられます。

ガソリンスタンドでは一般的に低圧電力での「負荷設備契約」となっています。

これは、電力設備の容量によって契約電力が決められているシステムであり、この契約ではどれだけ電力を節約しても結果に繋がりにくいのです。

それは、ガソリンスタンドに設置されているさまざまな電力設備の容量から基本料金が算出されているからです。

電力設備は常時すべてが稼働している訳ではないのに、実際に消費している電力量と比べて割高な設定になっているのです。

ガソリンスタンドに電子ブレーカーを導入するメリット!

①設置した翌月から電力コストの削減が可能
②基本料金が下げるのでコスト削減を実感できる
③電力会社との契約が見直されることに

ガソリンスタンドで電子ブレーカーを導入するケースが増えています。

その理由には上記3つの理由があります。

①設置した翌月から電力コストの削減が可能
まず最初に挙げられるものに、設置翌月から電力コストを削減させることができる点があります。

多くの節電の取り組みは、なかなかその効果をすぐに反映させることが難しいでしょう。

しかし電子ブレーカーを設置した場合には、導入した翌月から電気料金に反映されることになりますので、どれくらいの効果があったのかはっきりと分かります。

なので、今までのように効果があるのか、ないのかよく分からないような取り組みとはまったく違うものなのです。

②基本料金が下げるのでコスト削減を実感できる
電子ブレーカーを導入した場合、電力会社と新しい契約のもとに電力の供給を受けることになりますので、基本料金が今までより安くなります。

今までの契約では低圧電力での「負荷設備契約」となっていますが、これを「主開閉器契約」に変更することができます。

これは、電力設備で計算される方法ではなく、実際に消費している消費電力を目標値する方法になりますので、その数値をもとにして基本料金が計算されのです。

電子ブレーカーを導入するだけで、基本料金が安くなりますから、電力コストの削減効果はしっかりと実感することができるでしょう。

③電力会社との契約が見直されることに
上記でもお伝えした通り、電力会社との契約が「主開閉器契約」に変更されることになり、基本料金が今までよりコストダウンすることになります。

今までの契約では、設置されている電力設備のすべての容量から算出される契約ですから、常に稼働していない設備まで電力コストに含まれています。

つまり無駄に電力コストがかかっていることになるのです。

この無駄を解消させるためにも、電子ブレーカーを導入することは意味のあることだと言えるのではないでしょうか。

ガソリンスタンドで電子ブレーカーを導入するなら

・ネオコーポレーションで電子ブレーカーがおすすめ
・累計販売台数が19万台を突破している
・初期費用が0円で導入できる

ガソリンスタンドで電子ブレーカーを導入するなら、ネオコーポレーションの電子ブレーカー(ネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」)がおすすめです。

累計販売台数が19万台を突破しており、まさに業界実績No.1の電子ブレーカーであるといえるからです。

多くのガソリンスタンドをはじめとして、企業や工場、施設、病院、学校などへの導入実績がありますので、その実績だけを見ても、安心して導入できるのではないでしょうか。

「電力コストを大幅に下げることができた」といった口コミが多数寄せられています。

しかも注目すべきは、「初期費用をゼロ」で導入することができる点。

初期費用が高額になってしまう他社の電子ブレーカーでは、なかなか電力コストの削減効果が見えてきません。

ネオコーポレーションでは削減できた電気料金の一部を導入費用として充てているので、安心して電力コスト削減に向けた取り組みを始めることができるでしょう。

電気コストにお悩みのガソリンスタンドであれば、翌月から悩みを解放されるネオコーポレーションの電子ブレーカーの導入を検討してみてはいかがでしょうか!