わが国には数多くの広大な森林があり、木工業を中心に経済を支えている地域も存在します。

木工業には、建築メーカーや工務店などの住宅関係はもちろんのこと、建具や木工品、工芸品など、さまざまな業種があります。

木を伐採し、削って加工することによって、さまざまな製品を生み出しています。

木工業の工場や作業場においては、電動のこぎり、電動カンナ、プレーナー機、集塵機など、さまざまな電気設備が用意されており、木材を精密に加工することができます。

また、工場や作業場では夏の暑い日であればエアコンをフル稼働させ、作業環境が悪化しないようにしています。

このように木工業では、扱う製品は木材であるとはいえ、その加工や作業環境には電力を欠かすことができなくなっています。

そのため、木工業を営む多くの経営者は、電力コストが悩みの種にもなっているのです。

電力コストを効率よく下げるために、「電子ブレーカーの導入」を採用する企業がどんどん増えています。

ただ、導入した場合、本当に電力コストが安くなるのか気になる方も多いでしょう。

ここでは木工業を営む経営者に向けて、電子ブレーカーの導入をおすすめする理由について、分かりやすくご説明していきましょう。

木工業で電力コストが高くなる原因

木工業での工場や作業場では、さまざまな木材を加工するための設備、作業環境に必要な照明器具、快適に作業するためのエアコンなど、数多くの電気設備がみられます。

現場での電気消費量は、おおむねこれらが電力コストの高くなる原因になると考えられます。

木材を加工するための電気設備については、常にすべての機器を稼働させている訳ではありませんが、作業時間内には使用する頻度が多いでしょう。

また、メンテナンスを怠ってしまうと、パフォーマンスが落ちてしまったり、無駄な電力を消費するようにもなりますので注意が必要です。

照明については、作業場内において欠かせないものではありますが、細かな加工などが必要になる場合には特に重要なものになるでしょう。

こまめに消灯するなど省エネ意識はもちろん必要となりますが、電球をLEDに変更することによって消費電力の削減に取り組む企業は少なくありません。

さらにエアコンについては、夏場や冬場などの電力消費が高くなる原因になってしまいます。

特に近年では、夏が暑すぎたり、冬が寒すぎたり、異常な気象に見舞われることも多くありますので、エアコンの稼働は従業員の作業のために必要となるものでしょう。

温度設定などに注意している企業は多いですが、それでも一日中稼働させていると、どうしてもその月の電力コストは高くなってしまいます。

これらが積み重なって、悩みの種になっているのではないでしょうか。

木工業で電子ブレーカーの導入をおすすめする3つの理由とは

①電力会社との電気契約を「負荷設備契約」から「主開閉器契約」にできる
②低圧電力の基本料金を下げることができる
③導入翌月から電力コスト削減の効果を実感することができる

木工業において電子ブレーカーを導入する企業が増えていますが、その理由として上記3つの理由にまとめることができます。

電子ブレーカーを導入する最大のメリットは、 電力会社との「負荷設備契約」を見直すことができ、「主開閉器契約」にできるという点にあります。

一般的に木工業の工場や作業場においては、電気契約を結ぶ際に、電気設備の容量の合計値によって契約電力が決められています。

つまり、工場や作業場にあるすべての電力設備を稼働しても大丈夫なように、電力が送られているのです。

しかし実際には稼働していない電気設備も多くありますので、無駄に電力コストだけ費やしていることになります。

この負荷設備契約については、電子ブレーカーを導入することで、電子ブレーカーの容量に応じた新しい契約電力を決めることができるようになります。

これが「主開閉器契約」と呼ばれるものであり、低圧電力の基本料金を下げることができるのです。

つまり、電子ブレーカーを導入するだけで電力コストが下げることができるのです。

しかも、電子ブレーカーを導入した翌月から基本料金を下げることが可能ですので、削減効果をすぐに実感することが可能です。

ネオコーポレーションの電子ブレーカー「N-EB」シリーズについて

電子ブレーカーはさまざまなメーカーが提供していますが、その中でもネオコーポレーションの電子ブレーカー「ネオコントロールシステムN-EBシリーズ」がおすすめです。

累計販売台数が19万台を突破しています。

実際に多くの木工業をはじめとして、工場や企業、学校、店舗、施設などに導入されており、数多くの電力コスト削減効果が報告されています。

しかも導入や設置にかかる調査・申請・設置工事など初期導入費用はゼロ円となっています。翌月から基本料金に反映させることができますから、すぐに電力コスト削減効果を実感することができるのです。

ネオコーポレーションでは、削減できた電気料金の一部から費用としているために、ほかの電子ブレーカーでありがちな高額な初期費用は必要ありません。

負担なく電力コストを削減することができますので、お悩みをお持ちの企業であれば導入を進めてみてもいいのではないでしょうか。