牛乳や牛肉を生産する牧場を経営する畜産業にとって、いま電気コストに悩まされる事態となっています。

わが国の畜産業では多くの牛を飼育し、乳や乳製品などと言った製品を生産する酪農が盛んに行われていますが、大切なことは牛を健康に飼育しなければならないといったことです。

絞った乳を原料にして、牛乳やチーズ、バター、アイスクリームなどの製品に加工しますが、牛が健康に育たないとしっかりと乳が出なくなってしまうのです。

そのため、牧場では、「自動搾乳ロボット」「ミルキングパーラー」「哺乳機」「敷料散布機」「給飼機」など、牛を飼育するためのさまざまな機器を導入しています。

そこで牛を効率よく飼育するために必要な設備機器ではありますが、この設備を稼働させる電力コストが頭を抱える原因になってしまうのです。

酪農業を営む牧場では、いま電力コストを効率よく下げるために、「電子ブレーカーの導入」の採用がどんどん増えています。

電力コストを下げることが期待できる「電子ブレーカー」とはどのようなものなのでしょうか。

ここでは畜産業を営む牧場に向けて、電子ブレーカーの導入をおすすめする理由について、分かりやすくご説明していきましょう。

酪農業を営む牧場で電力コストが高くなる原因

牛を飼育する酪農業は、基本的に毎日、牛の世話と共に搾乳が行われます。その他の業務としては牛舎の清掃、エサやりなどが行われることになります。

牛の数は畜産家の状況によっても異なり、数十頭程度の個人牧場から、数千頭規模で牛を飼う法人牧場までさまざまな経営規模であることが分かります。

牛を健康的に育て上げることが必要となりますから、牛の飼育には休みはなく、牧場は365日稼働している状況となっています。

一昔前であれば、牛は手作業で育てられ、手で搾乳されていましたが、今ではAI技術が導入されており、ロボットによって効率よく飼育されていることがほとんどです。

例えば、搾乳ロボットの場合、1時間に100~400頭ほどの牛の搾乳が可能になりますので、大規模な経営を行っている牧場では欠かせないものとなっています。

「給飼機」であれば、決まった時間に必要な給飼が自動で管理することができますし、「敷料散布機」は敷料散布を自動化させて作業を省力化することができます。

牛が快適に健康に過ごすためには、このような設備機器をうまく活用することによって、省力化するとともに、人でしかできない作業に手を加えることが必要なのです。

ただ、どうしても数千規模の牛を飼育する牛舎の電力コストは、厳格な管理を行っていたとしても、悩みの種となってしまい、牧場によっては「電気代が倍になった」という声を聞くこともできます。

牧場で電子ブレーカーの導入が増えている理由

①電子ブレーカーの設置で電力会社との電気契約を見直すことができる
②電気契約を見直すことで低圧電力の基本料金が下がる
③導入翌月から電力コスト削減の効果を実感できる

「電子ブレーカー」を設置するとどうなるか、その流れを上記3つのポイントでまとめてみました。

「電子ブレーカー」は通常のブレーカーとは違い、高性能なCPUによって許容最大まで電力が使用できるように作られたものです。

牧場での電力の稼働状況を測定し、最適なブレーカーを設置することによって、電力会社との電気契約の内容を「負荷設備契約」から「主開閉器契約」に改めることができます。

一般的に牧場では、電気契約を結ぶ際に、電気設備の容量の合計値によって契約電力が決められています。

すべての電力設備を稼働しても大丈夫なように電力が送られているのです。

しかし実際には稼働していない電気設備も多くありますので、無駄に電力コストだけ費やしていることになります。

電子ブレーカーを導入することで、電子ブレーカーの容量に応じた新しい契約電力である「主開閉器契約」となり、契約電力に応じて低圧電力の基本料金を下げることができるのです。

しかも、電子ブレーカーを導入した翌月から、新しい契約に沿って計算されることになりますから、基本料金が下げることになり、削減効果をすぐに実感することができるのです。

ネオコーポレーションの電子ブレーカー「N-EB」シリーズがおすすめ!

電子ブレーカーは累計販売台数が19万台を突破しているネオコーポレーションの電子ブレーカー「ネオコントロールシステムN-EBシリーズ」がおすすめです。

現在、多くの牧場において採用されていますが、それだけではなく工場や企業、学校、店舗、病院、介護施設などでも導入が進んでいます。

19万台を突破しているという実績を見ていても分かる通り、実際に導入した企業からの電力コスト削減効果の報告が増えています。

それも、導入や設置にかかる調査・申請・設置工事など初期導入費用はゼロ円となっていることも理由の一つです。

初期費用に数十万円ほど必要となるメーカーもありますが、それではなかなか導入効果を実感することはできません。

ネオコーポレーションの電子ブレーカー「N-EB」シリーズであれば、削減できた電気料金の一部から費用とするため、高額な初期費用は必要ありません。

お悩みをお持ちの牧場であればいち早く導入を進めることをおすすめします。