ジェルシステムは、様々な機能を持つ制御商品や省エネ商品の研究と開発に取り組んでいます。そんなジェルシステムの商品の中で、電子ブレーカーがあります。ジェルシステムの電子ブレーカーは、小さなブレーカー容量で契約できるものでもあります。

そんなジェルシステムの電子ブレーカーの特徴と企業概要や取り組みについてご紹介しましょう。

ジェルシステムの電子ブレーカーとは

ジェルシステムの電子ブレーカーの特徴としては、以下のポイントがあります。

・電子式電流検出デジタル操作でトリップ誤差軽減
・自動制御可能なシステムで、JIS規格最大許容範囲まで使用できる
・液晶表示
・スリムに小型化したボディ
・トリップ記録の保持機能

ブレーカーは許容範囲以上の電気が流れると自動で電気を遮断するという、設備の保護を行うための重要な役割を果たしています。JIS規格によって電流の度合いから何分以内で遮断するべきかという基準が確立されており、それを基準としてブレーカーの商品開発が進められているのです。ジェルシステムの電子ブレーカーは、電流値を即座に検知し、デジタル数値により遮断することができます。

また、端子の強度も強く、オプション機能も追加可能なのも魅力の1つです。この電子ブレーカーはジェルシステムの商標登録商品であり、低圧受電の需要を加味しており、電気料金の基本料金を削減にもつながります。契約容量が大きい場合や、電気料金の基本料金の割合が大きいと感じている企業、契約容量がオーバーしており、変電設備の設置が必要だと考えている企業などにおいては、ジェルシステムの電子ブレーカーで電気料金削減できる可能性が高いと言えるでしょう。

ジェルシステムの概要や取り組み

ジェルシステムは1972年に設立した企業で、省エネ関連商品をはじめ、様々な制御関連商品などを幅広く研究・開発しています。制御と省電力商品の開発に伴い、環境保護や電力の使用量削減にも力を入れており、人々の毎日の生活に貢献できるようなものづくりを行っているのです。長年の技術と知識と先進的なアイディアを融合させた商品開発をするべく、新たな技術の創出にも取り組んでいると言えるでしょう。

ジェルシステムの電子ブレーカーは、独自のジェルコントロールシステムにより、幅広い業界やメディアから高い信頼性を集めており、導入実績も豊富です。より安全・安心の電子ブレーカーを取り入れたいと考えている企業は、検討してみてはいかがでしょうか?