電子ブレーカーを使用する前に

ネオコーポレーションの電子ブレーカー「N-EBシリーズ」は、13万台という累積販売台数からも分かるように、日本各地の工場や店舗などに導入されています。実際に、自分の事業所にも導入してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、電子ブレーカーは設置すれば、それでかならず電力コストを抑えられるようになるわけではありません。その前にまず、ネオコーポレーションによる事前調査が行われることになります。

なぜかというと、たとえ同じような契約内容であっても、設備の種類やその使い方などはさまざまです。その条件次第では、実際にどれくらいのコストカットが見込めるのか、その数字も大きく変わってくるからです。

ネオコーポレーションの電子ブレーカーがもっとも効果を発揮するのは、設備の電流値自体は高い一方で、その連続稼働時間がとても短い施設です。

たとえば、溶接機やプレス機、コンプレッサー、そして洗車機などがそういった設備に当たるでしょう。

このような設備が特に多い自動車整備業の工場では、従来の負荷設備契約だと15kWの契約で、毎月1万数千円ほどが電気料金にかかっていました。それが「N-EBシリーズ」を導入することで、4kWに下がり、毎月4,000円弱まで電気料金を抑えることができるようになったのです。

つまり、月々1万円以上のコストカットで、年間では12万円も削減できた計算になります。
もちろん、それ以外のビルやマンション、飲食店、ガソリンスタンドといった施設でも利用は可能です。

だいたい、毎月6,000円~8,000円のコストカットで、年間10万円近くを削減することができるはずです。

そして、このような具体的な数字を出すためにも、ネオコーポレーションの事前調査が必要となるわけです。

電子ブレーカーを導入する際には、まずネオコーポレーションのスタッフが施設を訪れることになります。そこで、設備の稼働状況などを確認し、電子ブレーカーで実際にどれだけの効果が得られるか、といった調査を行います。

その後、もっとも効果の高い削減プランが提示されて、それが受け入れられれば、あらためて申し込みという流れになります。導入後も、プランどおり削減されるかどうかを確認し、それが済むとようやく最終的な契約へと進みます。

このように、ネオコーポレーションの電子ブレーカーは、事前調査と削減プランが一体となったサービスです。ですから、ホームセンターなどでも「N-EBシリーズ」が市販されることはないわけです。

電子ブレーカーの評判について

電力自由化の流れもあり、企業では、いかに電力コストを削減できるか、ということが大きなテーマとなっています。そんな中、今あらためて注目を集めているのが電子ブレーカーです。

電子ブレーカーというのは、電子制御で作動するブレーカーのことです。従来のブレーカーは熱に反応する方式だったため、環境や条件に左右されて、なかなか正確に電源を落とすことができませんでした。

それに対し、電子ブレーカーは電流値と電流時間から正確な電流量を計算し、とても細かいコントロールを実現しています。これを利用することで、電気料金も確実にコストカットできるようになるわけです。

なかでも、ネオコーポレーションが販売する「N-EBシリーズ」は、業界ナンバーワンともいえる実績を誇っています。販売開始から8年かけてじわじわと10万台まで累積販売台数を伸ばし、この2年間でさらに3万台をも上積みするほどの勢いです。

このネオコーポレーションの例からも分かるように、電子ブレーカーはすでに10年以上前から市場に出ていました。

ただし、その当時はまだなかなか良い評判を得ることができずにいたのです。
その理由のひとつは、先ほどのような説明を聞いて、電子ブレーカーが消費電力を減らすための器具だと勘違いされていたことが挙げられます。

実際に、電子ブレーカーを導入したにもかかわらず、節電効果がまったくないという評判も多くあったようです。しかし、そもそも電子ブレーカーに節電機能はありません。

消費電力を減らすのが目的ではなく、あくまで電気料金のコストカットを行うための器具なのです。では、どう違うのでしょうか。ポイントとなるのは、電気料金の契約内容です。

一般家庭で多く用いられている電気料金プランには、100Vの従量電灯があります。これに対し、工場などで大型の機械を作動させるには、200Vの低圧電力による契約が必要となります。

低圧電力のなかでも、主開閉器契約では、メインブレーカーのアンペア数によってその基本料金が決まってきます。つまり、どれだけアンペア数を低くできるかということが、どれだけ電気料金のコストを下げられるか、ということに結びつくわけです。

ネオコーポレーションの「N-EBシリーズ」は、まさにこの主開閉器契約のために開発、製造された独自の電子ブレーカーです。内蔵されたCPUがしっかりコントロールして、設定された容量をギリギリまで守りながら、必要最低限の電流だけを供給してくれます。

これによって、設備をこれまでどおり稼働させつつ、アンペア数だけを下げるコストカットが可能になるわけです。そのたしかな実績から、今もまだネオコーポレーションの電子ブレーカーを導入する企業や事業所は増えつづけています。

電子ブレーカーの評判が気になっている方は、まずネオコーポレーションに相談してみることをおすすめします。

電子ブレーカーが家庭で使用できない理由

ネオコーポレーションが販売するネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」は、工場や店舗などの施設で電力コストを大幅にカットすることができます。

平成16年の販売開始以来、13年間で累積販売台数が13万台を突破するなど、業界でもトップクラスの圧倒的なシェアを誇っています。ところで、このN-EBシリーズは一般家庭でも使用することはできるのでしょうか。結論からいうと、ネオコーポレーションのN-EBシリーズを一般家庭に設置することだけなら可能ですが、それによってコスト削減の効果を得ることはできません。
その理由は、電力会社の契約の仕組みにあります。

私たちが普段使用している電気は、使用目的によって「従量電灯」と「低圧電力」の2つの契約に分かれています。このうち、従量電灯というのは、家庭で使用するような小型電気機器機や照明に向いている100Vの電力です。基本料金によって、A、B、Cの3つのプランがありますが、ほとんどの家庭は従量電灯Bで契約しているはずです。一方、モーターやエレベーター、エアコンなどの大きな動力が必要となる機械には低圧電力が向いています。工場や店舗にくわえ、コインランドリーやガソリンスタンド、マンションの共用部分にも用いられています。この低圧電力には、契約容量の決め方によって「負荷設備契約」と「主開閉器契約」の2つのプランがあります。

負荷設備契約の場合、使用していない設備も含めたすべての出力容量を合計して契約容量を計算します。それに対し、主開閉器契約ではメインブレーカーの容量で契約容量を決めることができます。
低圧電力は契約容量によって基本料金が決まり、電力料金の大部分を占めることになります。そのため、メインブレーカーの容量を小さくすることが電気料金の節約に大きく関係してくるわけです。
電子ブレーカーは、内蔵されたCPUによって正確な電流値を計測し、設備を稼働するのに必要最低限な容量をより精密に保つことができます。

ネオコーポレーションでは、この電子ブレーカーを設置する前に綿密な調査を行い、それにもとづいた削減計画を立て、より確実なコストカットを実現しているのです。
しかし、一般家庭で用いられる従量電灯では、契約容量ではなく契約アンペア数によって基本料金が設定されています。そのため、基本料金は低圧電力にくらべてかなり低く、電気料金のほとんどは消費電力量によって決まってきます。
ですから、ネオコーポレーションのN-EBシリーズを設置したとしても、電力コストの削減にはつながらないわけです。ただし、従量電灯Cについては、低圧電力と同じように契約容量で基本料金が決まる仕組みとなっています。
基本的には個人商店のような小さな施設や、あるいは工場や店舗などで低圧電力と組み合わせて用いられることが多い契約です。しかし、なかには大家族などの電力消費量が多い家庭で契約していることもあります。
このような家庭では電子ブレーカーが役に立つのでしょうか。
この場合もやはり、事業用の機械などを用いていないので、契約容量がそれほど高くなっているわけではありません。ですから、やはり電子ブレーカーを設置したとしても、電力コスト削減のメリットを得られることはないでしょう。
以上のような理由から、残念ながら家庭で使用することはできませんが、ネオコーポレーションのN-EBシリーズは企業向けとして、多くの工場や店舗に導入されているのです。

主開閉器契約による電力会社のメリット

商業施設や工場などの大量の電気を必要とする施設では、電気料金の負担が大きくなります。

電力会社の契約方法には、負荷設備契約と主開閉器契約の2つがあります。負荷設備契約の場合、主開閉器契約へ切り替えることで、電気料金の節約に繋がると言われています。それは主開閉器契約にはブレーカーの大きさによって契約容量を決められるという特徴があり、契約容量の引き下げが期待できるからです。

負荷設備契約では設備容量の最大値が契約容量となるため、電気料金が高くなりやすいです。一般的なブレーカーでは許容範囲を超えた電流が流れると、一定時間以内に電流を遮断する仕組みになっています。これが「ブレーカーが落ちる」という状態です。

設備や配線を守るために遮断されるのですが、契約容量を引き下げるとブレーカーが落ちやすくなるという不安が残ります。ブレーカーが落ちると電気を使用する設備の利用が出来なくなってしまいます。そのため、今まで契約容量はあまり引き下げられることはありませんでした。そこで、その不安を解消してくれるのが電子ブレーカーです。

ネオコーポレーションのネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」は主開閉器契約のために開発されたブレーカーです。

この特殊なブレーカーには高性能CPUが搭載されており、ブレーカーに流れる電流値の大きさや流れている時間を正確に測ることができるという特徴があります。そのため、適切なサイズの電子ブレーカーを導入すれば、ブレーカーが落ちる心配が少ない、必要最小限の容量で契約することが可能です。電気料金節約のため、負荷設備契約から主開閉器契約に切り替えを検討しているが、十分な効果が出るかどうか不安という方に最適です。

「N-EBシリーズ」には三相線式用電子ブレーカー、単相2線式用電子ブレーカー、単相3線式用電子ブレーカーと3種類あります。三相線式用電子ブレーカーは負荷設備契約の方向けです。単相2線式用電子ブレーカーは電圧線と中性線の2本を使用する単相2線式契約の方向けとなっています。単相3線式用電子ブレーカーは2本の電圧線と1本の中性線を使用する単相3線式契約の方向けです。使用状況に合った電子ブレーカーを選択することが可能です。

一部の業者では粗悪な電子ブレーカーを提供していることがあります。粗悪な電子ブレーカーを導入してしまうと、十分な電気料金節約ができないばかりかブレーカーが落ちかねません。しかし「N-EBシリーズ」は導入実績が全国ですでに120,000台を突破しており、信頼性の高い電子ブレーカーとなっています。

煩わしい主開閉器契約への変更手続きも全ておこなってもらえるため、負担なく導入することが可能です。

電子ブレーカーとの相性について

電子ブレーカーとは動力200Vの低圧電力の基本料金を、契約変更によって大幅に削減できるといわれている設備のことです。

ネオコーポレーションは、全国で累積設置台数が12万台を突破しているネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」を取り扱っており、現在、その「N-EBシリーズ」は電子ブレーカー業界において販売実績でもお客様の支持No.1を得ている注目商品です。
電子ブレーカーには電子機器との相性があるといわれ、エアコンなど、連続で動作する機械であるほど相性が悪いといわれています。

逆に相性がよいのは溶接機やプレス機などです。ネオコーポレーションが提供しているネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」は、従来のブレーカーにはない緻密な動作特性をもつ電子ブレーカーです。

必要な容量を確保しつつ、最小限の容量での契約が可能であるため、コスト削減に貢献できるというメリットがあるのです。
「N-EBシリーズ」は、ブレーカーに流れる電流値と電流が流れる時間を正確に計測・制御することができ、多種多様な業種でコスト削減に貢献することができます。

例えば、自動車整備業のお客様の場合、エアコンやスチーム洗車、コンプレッサーやリフトなどを用いて業務を行うことになります。これらを負荷設備契約で申請すると、15kWの契約となり、1月当たり約1万4000円の基本料金がかかるということになります。
しかし「N-EBシリーズ」なら、4kWの契約で約3800円となるため、年間で13万円近くのコスト削減が可能となる計算になります。

また、コインランドリー業の場合、例えば、エアコンや4台の洗濯機、3台の乾燥機、2台の洗濯乾燥機などを用いて業務を行う場合、負荷設備契約なら19kWの契約となり、1月当たり約1万7600円の基本料金がかかると考えられるところ、「N-EBシリーズ」なら10kWの契約で約9300円となり、年間で10万円近くもコスト削減が可能となります。

「N-EBシリーズ」は主開閉器契約のために開発製造された特別仕様のブレーカーで、過負荷となる電流値とその時間を測定することで、コスト削減を実現することができるのです。

ネオコーポレーションは大阪府大阪市淀川区に本社を置く企業です。事業内容は電気機械器具や省エネ機器の企画、製造、卸、販売、施工や小売電気事業となっています。会社ビルや工場、オフィスなどの電気料金のうちで、固定費用といわれている基本料金の削減などを提案している企業です。

ネオコーポレーションの電子ブレーカーについて解説します

ネオコーポレーションが提供する電子ブレーカーを使えば、工場や事業所での電気料金を大幅に削減することができます。
とくに工場などでよく使われる低圧電力の契約は、基本料金の割合がとても多いのですが、同社の電子ブレーカーを導入することで、仕事場で通常通り設備を稼働させても、何も変わることなく基本料金だけが大幅に削減されているのです。

なぜ、大幅に安くできるのかというと、電子ブレーカーを導入することで、従来の負荷設備契約から平成8年に国からの指導で実施されるようになった主開閉器契約に、契約変更の申請ができるようになるからです。簡単に言うと、従来の負荷設備契約では、電気を使わなくても料金が発生してしまうような料金体系になっているのですが、主開閉器契約なら基本料金は使う分だけ払うという料金体系なので、料金を安くすることができるのです。料金は安くできそうなのは分かったけれども、本当にそんなブレーカーに変えてしまって工場の設備稼働などに悪影響がでないのか心配に思う方もいると思いますが、同ブレーカーはすでに12万台を超える販売実績を誇っており、多くの事業所で導入されていますから心配無用です。
さらにJETという国から認定を受けた認定検査機関から認可を受けているため、安心です。また同ブレーカーは従来のブレーカーと併用するような形で設置運用されますから、導入後に安全性が悪くなるということもないです。

導入費用が高そうで心配という方もいるでしょうが、ネオコーポレーションの電子ブレーカーは、なんと導入費用は0円です。設置するためには、調査、電力申請、設置工事などの手続きを経る必要がありますが、その費用はすべてネオ・コーポレーションが負担するので初期費用は完全にタダです。
ではどうやってネオコーポレーションは収益を上げているのか不思議に思うかもしれません。それは、ブレーカーの設置で削減できた電気料金の中からその一部をシステム料金という形でいただくという形態をとっていて、このシステム料金が実質的な月額料金ということになるのです。ですから、導入したオーナーは初期費用0円かつ、削減した電気料金の一部を費用として当てることができるため、何の負担もなく電気料金を削減できてしまうわけです。

もし万が一、設置した後に仕事場の設備が変わったりした場合でも、導入から5年間は電子ブレーカーの無償メンテナンスサービスがありますので、オーナーとしては導入するリスクは何もないと言っても過言ではありません。

低圧電力の仕組みとは

一般の家庭で低圧電力を使うことはほとんどありません。ですのであまり知られていませんが、飲食店などで大きめの冷蔵庫や業務用エアコンなどを使うところでは利用されている仕組みです。

反対に言いますと、実際の現場では業務用冷蔵庫やエアコンなどは低圧電力で契約しなければ使えないようになっています。理由は販売する段階で低圧電力でしか動かないような機械を選択しているはずだからです。

低圧電力は、一般家庭用の電力と配線方式が異なります。
一般家庭に設置してあるコンセント、これは単相100Vになります。家電製品をはじめとした、様々な機械に対応しています。大きな力を使う機械の場合は、単相200Vになります。エアコンなどは、この形式のコンセントが良く見られます。IHクッキングヒーターも単相200Vが多いです。
単相100Vと違い単相200Vは電圧が高いので、より大きい力を出すための電力を機械に送ることができます。

低圧電力は、三相200Vになります。単相200Vと同じくより大きい力を出すことができます。さらに三相では3本の線により、さらに多くの電気を送ることができます。
仕事場では、車を持ち上げるリフトや、金属を溶かす溶接機など、一般家庭より多くの電気を必要とする機械があります。その機械に合った配線方式が三相200Vになります。
ちなみに、事業所向けの電力には低圧電力のほかに高圧電力などがあります。高圧電力はスーパーなどの、より多くの電気を利用する事業所で使用されており、事業所内にキュービクルという高圧受電設備を備えているのが特徴です。

低圧電力の仕組みとしては、力率もポイントです。
機械を動かす電力は、電圧と電流の組み合わせで発生します。電圧と電流の組み合わせが悪いと、電力のロスが発生します。
電力を効率よく使っている状態ほど、力率が高く、効率が悪いと力率が低くなります。
なお、力率が低い状態だと、機械を動かすための電力をロスした分多く電力会社が送電しないといけません。
そのため各電力会社は、力率の改善を促すために、割引制度を設けています。力率が高いと基本料金が安く、力率が低いと基本料金が高くなります。

電子ブレーカーとは

企業においては大量の電気を使用することが多く、多額の電気代に頭を悩ませている経営者も少なくありません。その原因は電気の使用量にもありますが、意外と悩ましいのが基本料金です。これは利用しても、しなくても変わらない金額で徴収されるものですから、基本料金を安くすることで電気料金を軽減出来る場合も少なくありません。

電子ブレーカーは、動力を利用する工場、商店などにおいて電気料金を節約する上で非常に有効な手段です。その理由は、電子ブレーカー自体が、通常のブレーカーと異なり、電気代の削減に特化した製品だからです。

低圧電力の契約は、大きく2つの方法があります。負荷設備契約といわれる方法と主開閉器契約という方法です。負荷設備契約は接続されている機器の最大利用電流で契約する方法で、事業所が持っている設備全部を稼働した際のピークを基準に基本料金が算出されます。事業所の設備の数が多く、設備の出力が大きければ大きいほど、より多くの基本料金がかかります。

一方、主開閉器契約の場合は、仕事場で最も多く使う時の電流をあらかじめ決定し、ブレーカーを利用して、それ以上は使用できないように制限します。
使用する電流が少なければ少ないほど、基本料金も低く設定することができます。
ただし、ブレーカーで制限した電流値以上を使用すると、ブレーカーが電流を遮断し、設備を使用することが出来なくなります。

負荷設備契約は、使用できる電流値に制限はありませんが、その分基本料金が高くなります。
主開閉器契約については、基本料金を安く出来ますが、電流が制限されるため、今までどおり設備が使えなくなる場合があります。

負荷設備契約のように問題なく設備を利用できる状態で、主開閉器契約により基本料金を安くすることを実現できる製品が電子ブレーカーになります。

電子ブレーカーは、従来の機械式のブレーカーとは異なり、正確な電流値で遮断する事ができるため予測した利用範囲での利用ができることが挙げられます。従来の機械式のブレーカーの場合には電流による熱で接続を遮断する構造の物が多く、そのため外気の状態などによりその開閉電流が変化するというデメリットが有りました。そのため安定した利用を行うためには余裕を持った容量の契約を行う必要があり、結果的に基本料金があまり下がらなかったり、下がったとしても予期しないトラブルで電流が遮断されたりします。

機械式のブレーカーではできない範囲の基本料金削減と、環境に左右されない安定した稼働が電子ブレーカーでは可能です。
電子ブレーカーは、内蔵されているCPU電流値を正確に測定し、その電流値によって電子的に遮断をする方式を用いているため、環境による影響を受けません。

 

電子ブレーカーを取り扱っている主な会社は、以下の3社になります。

ネオコーポレーション
ジェルシステム
エスコ