ネオコーポレーションが提供する電子ブレーカーを使えば、工場や事業所での電気料金を大幅に削減することができます。とくに工場などでよく使われる低圧電力の契約は、基本料金の割合がとても多いのですが、同社の電子ブレーカーを導入することで、仕事場で通常通り設備を稼働させても、何も変わることなく基本料金だけが大幅に削減されているのです。

なぜ、大幅に安くできるのかというと、電子ブレーカーを導入することで、従来の負荷設備契約から平成8年に国からの指導で実施されるようになった主開閉器契約に、契約変更の申請ができるようになるからです。簡単に言うと、従来の負荷設備契約では、電気を使わなくても料金が発生してしまうような料金体系になっているのですが、主開閉器契約なら基本料金は使う分だけ払うという料金体系なので、料金を安くすることができるのです。料金は安くできそうなのは分かったけれども、本当にそんなブレーカーに変えてしまって工場の設備稼働などに悪影響がでないのか心配に思う方もいると思いますが、同ブレーカーはすでに12万台を超える販売実績を誇っており、多くの事業所で導入されていますから心配無用です。

認定検査機関の許可を得ている

さらにJETという国から認定を受けた認定検査機関から認可を受けているため、安心です。また同ブレーカーは従来のブレーカーと併用するような形で設置運用されますから、導入後に安全性が悪くなるということもないです。

導入費用が高そうで心配という方もいるでしょうが、ネオコーポレーションの電子ブレーカーは、なんと導入費用は0円です。設置するためには、調査、電力申請、設置工事などの手続きを経る必要がありますが、その費用はすべてネオ・コーポレーションが負担するので初期費用は完全にタダです。ではどうやってネオコーポレーションは収益を上げているのか不思議に思うかもしれません。それは、ブレーカーの設置で削減できた電気料金の中からその一部をシステム料金という形でいただくという形態をとっていて、このシステム料金が実質的な月額料金ということになるのです。ですから、導入したオーナーは初期費用0円かつ、削減した電気料金の一部を費用として当てることができるため、何の負担もなく電気料金を削減できてしまうわけです。

もし万が一、設置した後に仕事場の設備が変わったりした場合でも、導入から5年間は電子ブレーカーの無償メンテナンスサービスがありますので、オーナーとしては導入するリスクは何もないと言っても過言ではありません。