ジェルシステムの電子ブレーカーについて

ジェルシステムは、様々な機能を持つ制御商品や省エネ商品の研究と開発に取り組んでいます。そんなジェルシステムの商品の中で、電子ブレーカーがあります。ジェルシステムの電子ブレーカーは、小さなブレーカー容量で契約できるものでもあります。

そんなジェルシステムの電子ブレーカーの特徴と企業概要や取り組みについてご紹介しましょう。

■ジェルシステムの電子ブレーカーとは

ジェルシステムの電子ブレーカーの特徴としては、以下のポイントがあります。

・電子式電流検出デジタル操作でトリップ誤差軽減
・自動制御可能なシステムで、JIS規格最大許容範囲まで使用できる
・液晶表示
・スリムに小型化したボディ
・トリップ記録の保持機能

ブレーカーは許容範囲以上の電気が流れると自動で電気を遮断するという、設備の保護を行うための重要な役割を果たしています。JIS規格によって電流の度合いから何分以内で遮断するべきかという基準が確立されており、それを基準としてブレーカーの商品開発が進められているのです。ジェルシステムの電子ブレーカーは、電流値を即座に検知し、デジタル数値により遮断することができます。

また、端子の強度も強く、オプション機能も追加可能なのも魅力の1つです。この電子ブレーカーはジェルシステムの商標登録商品であり、低圧受電の需要を加味しており、電気料金の基本料金を削減にもつながります。契約容量が大きい場合や、電気料金の基本料金の割合が大きいと感じている企業、契約容量がオーバーしており、変電設備の設置が必要だと考えている企業などにおいては、ジェルシステムの電子ブレーカーで電気料金削減できる可能性が高いと言えるでしょう。

■ジェルシステムの概要や取り組み

ジェルシステムは1972年に設立した企業で、省エネ関連商品をはじめ、様々な制御関連商品などを幅広く研究・開発しています。制御と省電力商品の開発に伴い、環境保護や電力の使用量削減にも力を入れており、人々の毎日の生活に貢献できるようなものづくりを行っているのです。長年の技術と知識と先進的なアイディアを融合させた商品開発をするべく、新たな技術の創出にも取り組んでいると言えるでしょう。

ジェルシステムの電子ブレーカーは、独自のジェルコントロールシステムにより、幅広い業界やメディアから高い信頼性を集めており、導入実績も豊富です。より安全・安心の電子ブレーカーを取り入れたいと考えている企業は、検討してみてはいかがでしょうか?

ネットディフェンスの電子ブレーカーについて

ネットディフェンス株式会社では、電気料金を削減するための商品として「電子ブレーカー」を開発しました。
ここでは、電子ブレーカーの特徴や削減効果が期待できる設置場所についてご紹介します。

■会社概要

ネットディフェンス株式会社は、エコ事業の拡大によって日本一の企業を目指している会社で、1994年に設立されました。
主に省エネ・省電力にまつわる機器の開発や製造、販売等の業務から、電話機や通信機器、情報処理機器の販売・保守、コンピュータソフトの開発・販売・保守などを行なっています。
本社は東京都豊島区池袋にありますが、大阪にも営業所を構えています。

■電子ブレーカーの特徴

電子ブレーカーとは、コンピューター制御によって電気設備に必要な電流の流れをコントロールし、契約容量を最適または最小の契約に変更できるシステムです。
電子ブレーカーを導入するだけで、住まいや事業の電気代削減が可能になります。
ネットディフェンスが導入する「NDコントロールシステム」には、高性能な電子ブレーカーを設置することによって最大電力を監視することができます。
従来のブレーカーは、CPU制御により最適・最小定格電流を設置することはできなかったのですが、NDコントロールシステムによって大幅に電気基本料金を削減できるようになりました。

■料金を大幅に削減できる理由

現在ほとんどの事業所で契約されているものは「負荷設備契約」になります。
この契約によって、負荷設備の総合計が契約容量になり、最大値の設定に確約されてしまうことになるでしょう。
使っていなくても置いてあるだけで、容量に算入されてしまうので基本料金を多く支払ってしまうことになります。
しかし、NDコントロールシステムの電子ブレーカーで契約した場合は、実際に機械が稼働した電流値(ブレーカーの大きさ)をもとに契約容量が決められるため設備とは無関係です。
使用した分だけで契約容量が確定されるので、基本料金の削減につながるという仕組みになっています。

■大きな削減効果が期待できる場所

電子ブレーカーは、どのような場所で使用すると削減効果が望めるのか見ていきましょう。

・マンションの共用部
・建設機械レンタル事業
・パンまたは菓子の製造販売所
・ガソリンスタンド
・自動車修理工場
・クリーニング工場

電子ブレーカーは、マンションの経費削減においてもおすすめです。
特に、共用部分の電気料金削減の効果が見込めるでしょう。
また、溶接機やコンプレッサー、クレーン、ケレン機、高圧洗浄機、動作確認用電源、エレベーター、リフト、機械式駐車設備、オーブン、NC工作機、電気式瞬間湯沸器、洗濯乾燥機、プレス機、シャーリング、高周波ウェルダー、コーヒー豆焙煎機、日焼けマシンなどの使用場所の設置にも効果が見られます。

電子ブレーカーを導入する際は、現場調査を行った上で省エネ提案書と見積書が作成され、内容を確認してもらった上で契約の締結となります。
営業担当者によりシステムの詳細を説明してもらい、要望や不明な点があれば直接聞いてみましょう。
契約後は、工事日程表をもとに工事の施工が始まり、電力会社への申請が完了すれば電子ブレーカーによる省エネがスタートする流れになります。
ネットディフフェンスは、電子ブレーカーの他に「電気自動車充電インフラサービス」や「トータルEcoシステム」などの製品開発や販売も行っています。
日本のエコ事業として今後もさらに事業を拡大し、革新的な企業を目指していくことでしょう。

電子ブレーカーのデメリットとは?

工場や事務所、飲食店などでは一般家庭と同じ従量電灯と合わせて、低圧電力を契約することがほとんどでしょう。低圧電力は基本料金が高いデメリットがありますが、電気を安全に使いつつ、コスト削減を目的にネオコーポレーションは電子ブレーカーを発売しました。コスト削減に有効と注目されている電子ブレーカーですが、デメリットはあるのでしょうか。

■電子ブレーカーの特徴

通常はあらかじめ設定されている一定量の電流が流れると、ブレーカーが落ちる現象が発生します。しかし、電子ブレーカーを設置することで容量をオーバーした電流も、一定の範囲なら落ちることなく安全に作動させることが可能です。低圧電力では「負担設備契約」と「主開閉器契約」、2つの料金プランを用意しており、電子ブレーカーの設置では主開閉器契約に切り替わります。主開閉器契約は希望する契約容量での契約になるため、契約容量を小さくすることでコストの削減につながるわけです。導入することで電力会社からクレームがくることはありません。

ネオコーポレーションは事前に電力会社で検査を行い、クリアした電子ブレーカーを設置するため、設置後の確認検査時にクレームや不合格を言い渡されることはないのです。

■電圧に関するデメリット

電子ブレーカーは契約容量を少なくして契約できるため、電圧が変わってしまい機械や大型システムの作動に影響がでないか心配になられる方も少なくないかと思われます。

電圧に直接作用するシステムではないため、電力が弱まって機械やシステムが作動しなくなる心配はありません。また、ネオコーポレーションの電子ブレーカーの場合、既存の親ブレーカーや子ブレーカーを設置したままの状態であれば、導入後も同じ状況を維持することが可能です。もし過電流が流れてしまった時は、親ブレーカーなどが電流を遮断するため、設備に被害が及ぶ心配もありません。

ネオコーポレーションの電子ブレーカーは、多くの企業や工場に導入されています。2018年現在時点で累計販売数が14万台を突破しており、業界最大手の装置なので安心して導入いただけます。

■装置のサイズや販売に関するデメリット

電子ブレーカーと聞くと大きな装置をイメージがありますが、ネオコーポレーションの電子ブレーカーの場合、縦が24cm、横が9.5cm、高さが7.5cmと非常にコンパクトなので場所をとりません。ホームセンターや家電量販店で市販されていると導入に便利ですが、ネオコーポレーションの装置を含め、電子ブレーカーは市販されていません。
それぞれ利用形態が異なるので、導入には調査内容に応じた削減プランでの要求となるため、メーカーからの購入になることをご理解ください。

電子ブレーカーは安全な装置なのでデメリットはほぼありません。ネオコーポレーションでは、導入前後に調査と試運転を行い、設備の増設時も容量を変更とメンテナンスを行うため、業務に支障なくスムーズな導入が可能です。低圧電力のコスト削減を検討されている方は、ネオコーポレーションの電子ブレーカーを導入してみてはいかがでしょうか。

工場に電子ブレーカーを導入するメリット

ネオコーポレーションの電子ブレーカーを工場に導入すると、電気の基本料金を大幅に削減することが出来ます。平成8年以前の契約方式では、電気の使用量どころか使用の有無に限らず基本料金が発生してしまう「負荷設備契約」という契約方式が取られていましたが、平成8年以降に制度が変更されて、使った分だけ基本料金が発生する「主開閉器契約」が導入されています。

ネオコーポレーションではこの制度改革に着目し、ブレーカーの容量を引き下げることから電気代の基本料金を安くさせられる「N-EBシリーズ」を開発、販売しています。

ネオコーポレーションから販売されている電子ブレーカーを導入すると、エアコンやボイラー、集塵機、電気釜、遠赤外線ヒーターなどの機器を始めとして、溶接機やプレス機、コンプレッサー、ベルトコンベア、プレハブ冷蔵庫、水道ポンプ、チェンジャー、ホイストといった様々な設備に対して効果を発揮し、大幅な節電を実現させられます。

そのため現在までに印刷業に鉄工業、石材業、プラスチック加工業、農業、水産業、牧場、製材業、紙工業など様々な分野の工場にネオコーポレーションの電子ブレーカーが導入され、それぞれの企業の健全な経営をバックアップしています。

具体的な数値に目を移していきましょう。とある自動車整備業では、エアコンやスチーム洗車、コンプレッサー、そしてリフトに多数の電力を消費しており、負荷設備契約を交わしていた場合には15kWで1ヶ月あたり13,965円の契約を余儀なくされていましたが、ネオコーポレーションの電子ブレーカーを導入後には4kWで1ヶ月あたり3,724円へ切り替えることに成功し、月々10,241円、年間で122,892円の節約へと繋げています。

別の木工業を営む工場では、かんなや集塵機に電力を消費し、13kWで月々12,103円の契約を交わしていましたが、ネオコーポレーションの電子ブレーカー導入後には6kW5,586円の契約に変更し、年間で78,204円のコスト削減を達成しています。

ネオコーポレーションが多くの工場で採用される理由は、初期費用や月額費用が0円であるという事実も大きく関与しています。

経営者の立場としては、高額な初期費用がかかると将来的に黒字を見込めたとしても導入に躊躇してしまうものですが、ネオコーポレーションでは調査費や電力真性、設置工事費といった費用を一切徴収していないため初期費用を抑えられ、しかも月額費用がかからずにランニングコストを抑えられるという点もメリットになります。

マンションに電子ブレーカーを導入するメリット

ネオコーポレーションの電子ブレーカー「N-EBシリーズ」は、業務用電力の電気代コストを大幅に下げることができる機器です。対象となるのは、50kW以下の低圧電力の契約。モーターや大型冷蔵庫を動かすのに必要なので、店舗や工場などでその力を存分に発揮してくれます。

では、マンションには電子ブレーカーを導入するメリットはあるのでしょうか。マンション各戸は、それぞれ一般家庭向けの従量電灯で契約されています。こちらは、電子ブレーカーとは関係ありません。

一方、それ以外にもマンションには共用部分の電力が必要となります。廊下や階段などの照明は従量電灯で十分ですが、エレベーターや給水・排水ポンプなどを作動させるには、低圧電力でないとパワーが足りません。

したがって、マンションにも電子ブレーカーを導入するメリットは十分にあるのです。ただし、注意する点がひとつ。

電子ブレーカーでコスト削減するには、メインブレーカーのアンペア数によって基本料金を決める「主開閉器契約」方式が必要となります。そのため、「負荷設備契約」方式のマンションは、まずは電力会社に連絡して主開閉器契約に変更しなければいけないのです。

ネオコーポレーションでは、このような面倒な手続きもすべて請け負ってくれるで、その点も大きなメリットといえるでしょう。では、実際に電子ブレーカーを導入すると、どれほどコストカットができるのでしょうか。

あるマンションでは、それまで15kwの契約容量だったのが、導入後には8kwまで低下。毎月1万7,000円以上だった基本料金も、8,000円程度まで減っています。一方、あるマンションでは29kWが17kWまで低下。年間で、23万円以上もの減額となっています。

このように、多くの事例では契約容量が半減以下。年間では、10万円前後から数十万円までのコストカットに成功しています。ネオコーポレーションでは設置に先立って事前調査を行い、こういった削減プランを1円単位で提案してくれます。

その後、提案どおりの効果が得られたことを確認したうえで、あらためて契約を結ぶので、安心して導入に踏み切ることができます。また、ネオコーポレーションでは感震装置「CRS」も販売しています。

地震で発生する火事の多くは、電気機器のショートによるものと言われています。感震装置は、揺れを感知することでブレーカーを落とし、それを防いでくれます。火災予防に有効な対策として、消防庁や電力会社などでも推奨されている装置です。

ネオコーポレーションでは、このCRSをN-EBシリーズの信号機の差込口にセットするだけで、簡単に連携させることができます。コスト削減とともに、安心を手に入れられるのも大きなメリットといえるでしょう。

電力会社や電気屋などで電子ブレーカーが取り扱っていない理由

ネオコーポレーションが扱っているような電子ブレーカーを導入しようと考えた際に、まず、どういった会社から購入すべきかを検討しようと考えることになるでしょう。

電気に関連する商品であるため、電力会社から直接購入できるのではないかと考える方も多いのですが、残念ながら電力自由化が進んだ現在でも、電力会社は電子ブレーカーを販売していません。

その理由としては、第一に電力会社は電力を供給する専門家としての役割を担っているに過ぎず、節電という分野においては個人や法人、あるいは民間の会社に一任しているためです。考えてもみれば、電力会社は電力を販売することで利益を上げている会社ですから、敢えて電力消費量を減らす装置を販売することも無いのです。

それでは電気屋ではどうかと言えば、やはりそういった業種でもネオコーポレーションが販売する電子ブレーカーのような装置を製造することはありません。

電気屋は電気工事の専門家として活動しており、電力コストの削減を目的とした機器の製造・販売というのは本業とは全く異なる分野です。一般のブレーカーを販売することはありますが、正確な調査を行ってから導入することが求められる電子ブレーカーを積極的に導入することはありません。

会社等において電力の大幅なコスト削減を目指すのであれば、電力会社や電気屋の力を借りるのではなく、ネオコーポレーションを筆頭とする専門業者の力を借りることが一番の近道になります。

電力コストを削減するための機器を製造し販売する業者として業界をリードする存在であるネオコーポレーションは、N-EBシリーズを主軸製品に据え、コスト削減に対して直接的に貢献する機器を手掛けています。ネオコーポレーションの電子ブレーカーを導入すると、基本料金の割合が多い低圧電力の契約容量を引き下げ、基本料金を大幅に値下げすることが可能になります。

ネオコーポレーションにおいて特に優れているのは販売実績です。これまでに累計13万台以上の電子ブレーカーの販売を手掛けていますが、大きな事故やトラブルを引き起こしたことがありません。

エスコの電子ブレーカーについて

電気料金が値上がりし続ける中で、いかにして電気料金を節電するかが課題となっています。エスコの電子ブレーカーは、コインランドリー、マンション共用部など様々な場所に設置されている電子ブレーカーの代わりに設置することで、4~5割もの基本料金を抑えることができる機械です。

これは、非常に大きな削減となりますので、商業施設やオフィスビルなどにとっては有益な機器となります。

一般的なブレーカーは、熱遮断型といって何アンペアの電流が流れたら電流が切れるといったように、バイメタルによる熱遮断で切れる仕組みになっています。エスコの電子ブレーカーには、コンピューターが搭載されていますので、電流をデジタルコントロールすることで、許容範囲いっぱいに引きはがしをしています。

しかも、電子ブレーカーの容量の400~500%の過電流が流れても何分、何秒という一定時間以内に定格電流を下回れば遮断しないしないようになっているのです。

エスコの電子ブレーカーは、今までに40,000万台以上も企業や施設に導入してきた実績があり、多くのユーザーから信頼されています。エスコでは、単に電子ブレーカーを設置するのではなく、事前の調査から設置後のフォローまで、経験豊富なスタッフがサポートしてくれるのが魅力です。

例えば、マンションは曜日よって稼働率が異なります。土曜日の夕方や日曜日の午前中などは、稼働率が上がりますので、一番高い稼働率の日を基準として電子ブレーカーの容量を決定します。また、エレベーターが複数ある場合も同時に稼働した時なども計算に入れていますが、それでも約5割も電気量を削減することができるとされています。平均すると年間でおよそ30万円もの削減を実現することができますが、大企業になれば更に削減額は大きくなります。

エスコの電子ブレーカーを設置したことで、不便だったり困ったというクレームは殆どないと言われています。エスコは、2005年創業の若い企業ですが、信用調査格付期間から優良企業であるとの評価も得ています。2012年からは、急速充電器を組み合わせた方法で、電気自動車の充電を低コストで素早く行うこともできるようになったと高く評価されています。

導入に当たっては、事前の調査を無料で行い最適なプランを導入します。契約後の契約内容の見直しもしっかり対応してくれます。エスコでは、フリーダイヤルを設置していますので、不明点やサービスについて詳しく知りたい場合は、気軽に問い合わせることができます。

ジェルシステムの電子ブレーカーについて

株式会社ジェルシステムでは、ブレーカーの容量をより小さく抑えるための電子ブレーカー「ジェルコントロールシステム」を販売しています。モーターやエアコン、大型冷蔵庫、ポンプといった動力の大きな設備がある事業所では、電力契約が低圧電力となっています。

この場合、負荷設備契約だとすべての設備の容量を合計した数値が、そのまま契約容量となってしまいます。機械が稼働しているかどうかは関係ありません。

そのため、多くの事業所では20kW以上という高い契約容量となっているのです。

一方、主開閉器契約を選ぶと、基本契約容量をブレーカーの容量によって決めることができます。つまり、ブレーカーの容量を施設の機械が稼働できるだけの範囲内に抑えれば、
それだけ電気料金のコストを減らすことができるわけです。

ここで重要になってくるのが、電子ブレーカーの役割です。

従来のブレーカーは熱動式のため、電流値自体を細かくコントロールすることはできませんで。しかし、ジェルシステムの電子ブレーカーでは、電流値そのものを感知して遮断。
さらにコンピューターを搭載することで、必要な電流値のぎりぎりまで容量をコントロールできるようにしています。

このシステムによって、平均で40%というとても高いコスト削減率を実現しているのです。

事業所の環境や電力会社によって差はありますが、だいたい月額で数万円、年間にすると数十万円以上のコストカットも可能です。すでにさまざまなメディアでも取り上げられ、集合住宅や工場、店舗、立体駐車場、 教育施設などで6万台以上が導入されています。

ジェルコントロールシステムは、自社(白河工場)で生産されており、白河工場については、ISO9001:2008(品質)・ISO14005(環境)を取得していることから、信頼性の高い製造環境といえます。

実際の導入事例としては、某マンションで年間238,608円。某自動車整備工場で年間削減金額 326,508円。某木材加工工場で年間削減金額 251,160円。某鉄工所で年間削減金額 188,376円といった、多様な業種に導入して、確実なコスト削減を実現しています。

電子ブレーカーを使用する前に

ネオコーポレーションの電子ブレーカー「N-EBシリーズ」は、13万台という累積販売台数からも分かるように、日本各地の工場や店舗などに導入されています。実際に、自分の事業所にも導入してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、電子ブレーカーは設置すれば、それでかならず電力コストを抑えられるようになるわけではありません。その前にまず、ネオコーポレーションによる事前調査が行われることになります。

なぜかというと、たとえ同じような契約内容であっても、設備の種類やその使い方などはさまざまです。その条件次第では、実際にどれくらいのコストカットが見込めるのか、その数字も大きく変わってくるからです。

ネオコーポレーションの電子ブレーカーがもっとも効果を発揮するのは、設備の電流値自体は高い一方で、その連続稼働時間がとても短い施設です。

たとえば、溶接機やプレス機、コンプレッサー、そして洗車機などがそういった設備に当たるでしょう。

このような設備が特に多い自動車整備業の工場では、従来の負荷設備契約だと15kWの契約で、毎月1万数千円ほどが電気料金にかかっていました。それが「N-EBシリーズ」を導入することで、4kWに下がり、毎月4,000円弱まで電気料金を抑えることができるようになったのです。

つまり、月々1万円以上のコストカットで、年間では12万円も削減できた計算になります。
もちろん、それ以外のビルやマンション、飲食店、ガソリンスタンドといった施設でも利用は可能です。

だいたい、毎月6,000円~8,000円のコストカットで、年間10万円近くを削減することができるはずです。

そして、このような具体的な数字を出すためにも、ネオコーポレーションの事前調査が必要となるわけです。

電子ブレーカーを導入する際には、まずネオコーポレーションのスタッフが施設を訪れることになります。そこで、設備の稼働状況などを確認し、電子ブレーカーで実際にどれだけの効果が得られるか、といった調査を行います。

その後、もっとも効果の高い削減プランが提示されて、それが受け入れられれば、あらためて申し込みという流れになります。導入後も、プランどおり削減されるかどうかを確認し、それが済むとようやく最終的な契約へと進みます。

このように、ネオコーポレーションの電子ブレーカーは、事前調査と削減プランが一体となったサービスです。ですから、ホームセンターなどでも「N-EBシリーズ」が市販されることはないわけです。

電子ブレーカーの評判について

電力自由化の流れもあり、企業では、いかに電力コストを削減できるか、ということが大きなテーマとなっています。そんな中、今あらためて注目を集めているのが電子ブレーカーです。

電子ブレーカーというのは、電子制御で作動するブレーカーのことです。従来のブレーカーは熱に反応する方式だったため、環境や条件に左右されて、なかなか正確に電源を落とすことができませんでした。

それに対し、電子ブレーカーは電流値と電流時間から正確な電流量を計算し、とても細かいコントロールを実現しています。これを利用することで、電気料金も確実にコストカットできるようになるわけです。

なかでも、ネオコーポレーションが販売する「N-EBシリーズ」は、業界ナンバーワンともいえる実績を誇っています。販売開始から8年かけてじわじわと10万台まで累積販売台数を伸ばし、この2年間でさらに3万台をも上積みするほどの勢いです。

このネオコーポレーションの例からも分かるように、電子ブレーカーはすでに10年以上前から市場に出ていました。

ただし、その当時はまだなかなか良い評判を得ることができずにいたのです。
その理由のひとつは、先ほどのような説明を聞いて、電子ブレーカーが消費電力を減らすための器具だと勘違いされていたことが挙げられます。

実際に、電子ブレーカーを導入したにもかかわらず、節電効果がまったくないという評判も多くあったようです。しかし、そもそも電子ブレーカーに節電機能はありません。

消費電力を減らすのが目的ではなく、あくまで電気料金のコストカットを行うための器具なのです。では、どう違うのでしょうか。ポイントとなるのは、電気料金の契約内容です。

一般家庭で多く用いられている電気料金プランには、100Vの従量電灯があります。これに対し、工場などで大型の機械を作動させるには、200Vの低圧電力による契約が必要となります。

低圧電力のなかでも、主開閉器契約では、メインブレーカーのアンペア数によってその基本料金が決まってきます。つまり、どれだけアンペア数を低くできるかということが、どれだけ電気料金のコストを下げられるか、ということに結びつくわけです。

ネオコーポレーションの「N-EBシリーズ」は、まさにこの主開閉器契約のために開発、製造された独自の電子ブレーカーです。内蔵されたCPUがしっかりコントロールして、設定された容量をギリギリまで守りながら、必要最低限の電流だけを供給してくれます。

これによって、設備をこれまでどおり稼働させつつ、アンペア数だけを下げるコストカットが可能になるわけです。そのたしかな実績から、今もまだネオコーポレーションの電子ブレーカーを導入する企業や事業所は増えつづけています。

電子ブレーカーの評判が気になっている方は、まずネオコーポレーションに相談してみることをおすすめします。