わが国には約40万以上もの工場があると言われており、個人で作業している中小の工場から300人以上もの従業員が働いている大工場までさまざまです。

私たちの暮らしはこれらの工場で製造されて製品によって支えられています。

海外で製造された製品を活用しているようなイメージがあるかもしれませんが、近年では国内の工場で製造されることが増えているようです。

工場ではさまざまな設備が電力によって可動しており、また従業員が快適に作業できるように照明やエアコンなども備えられています。

電力が作業において欠かせないものではありますが、多くの電力を使用することになり、電気コストが経営者の悩みの種にもなっているようです。

工場では電気コストを削減するために、電子ブレーカーの導入がどんどん進んでいます。

しかし実際に導入した場合に、どの程度の効果が得られるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

ここでは工場が電子ブレーカーを導入するメリットについて、詳しくご説明していきます。

工場で電気コストが高くなる原因は?対策は?

工場にはさまざまな設備が導入されており、作業に欠かせないものですから、電気コストが高くなることは仕方がないと諦めている経営者も少なくありません。

しかし、実際に工場での電気消費量を調べてみると、さまざまな原因が分かってきました。

①設備機器
②エアコン
③照明

①設備機器においては、工場でも作業において欠かせないものであると考えられます。

ただ、機器類のメンテナンスを怠っていることによって、機器のコンディションを下げてしまい、無駄な電気コストがかかっていることがあります。

特に終日、フル稼働させるような設備機器の場合、作業をストップさせることができない理由から、メンテナンスが後回しになっていることがあるのです。

②エアコンについては、夏や冬の作業環境が悪化するシーズンにおいて、稼働時間がながくなることから電気コストに大きな影響を与えます。

実際に工場での電気消費量を調べてみると、夏や冬に電気消費量が高くなっていることが分かりますが、これだけでエアコンの影響であることは想像できるのではないでしょうか。

温度設定など管理方法を定めておくことが、電気コスト削減には大切になるでしょう。

③照明については、LEDに変更するだけで改善させることができます。

精密機器を扱うような工場の場合、日中でも明るめの照明にしておかねばならないことがあるでしょう。

60ワットの白熱灯をLEDに変更した場合、節電効果は7割から8割程度になるといったデータも存在します。

しかもLEDは寿命も長いので、電気コスト削減に繋げることができるでしょう。

工場で電子ブレーカーを導入するメリットは?

工場での電気コストを削減させるために、電子ブレーカーを導入する工場が増えています。

電子ブレーカーを導入すると、 電力会社との電気契約を「負荷設備契約」から「主開閉器契約」にでき、低圧電力の基本料金を下げることができます。

一般的な工場で電気会社と結んでいる契約は「負荷設備契約」となっており、設備のモーター容量の合計値によって契約電力が決められています。

それを主開閉器契約といった、電子ブレーカーの容量によって契約電力を決める方法に変更すれば、それだけで電力を削減させる効果が期待できるのです。

工場の電気設備などの稼働状況にあわせて電子ブレーカーを設置すれば、その容量に合わせた契約電力に切り替えることができるのです。

電子ブレーカーを設置した翌月から基本料金を下げることが可能ですので、削減効果が実感できるでしょう。

ネオ・コーポレーションの電子ブレーカー「N-EB」シリーズがおすすめ

工場で電子ブレーカーを導入するなら、ネオ・コーポレーションの電子ブレーカー「ネオ・コントロールシステムN-EBシリーズ」がおすすめです。

類型半版台数が19万台を突破しており、多くの工場において電気コストを削減できたと喜ばれています。

もちろん上記でご説明した通り、電力会社との契約を「負荷設備契約」から「主開閉器契約」に変更することが可能で、翌月から基本料金に反映させることができます。

しかもネオ・コーポレーションの電子ブレーカー「N-EB」シリーズを導入するのであれば、設置にかかる調査・申請・設置工事など初期導入費用は必要なく、ゼロ円となっています。

削減できた電気料金の一部を費用としているためにこのようなことが可能となっています。

他社の電子ブレーカーでは初期費用が高騰な場合がありますが、これならば負担感なく導入することができるのです。